3月11日午後。

レスキュー龍馬会と災害救助犬合格犬との合同訓練がありました。

まずはレスキューの人達に救助犬が何をするのかを知ってもらう為のデモを行いました。
そして訓練の前に黙祷。

その後合同で想定訓練。
実際の現場を想定。
被害状況を把握した後救助犬が捜索に入り反応があった場所を重点的にレスキューが捜索救助するというような内容でした。

途中余震が起こることや、声が聞こえなくなるような事を想定した訓練内容もありました。

いつものような救助犬訓練とは違って犬もプレッシャーのかかる状態だったのか?上手くいったりいかなかったり。

でもとてもいい経験になったうえ反省点も見つかり勉強になりました。

テレビ取材もありました。誰か見た??


iPhoneから送信
スポンサーサイト
2016.03.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kochilovedog.blog111.fc2.com/tb.php/1356-4139c31c